「PMS=月経前症候群」が最近騒がれている?

最近ネット上で「PMS」という言葉をよく見かけます。
女性なら一度は悩んだことがある、月に一回必ずくるアレの時期の事です。皆さんも思い当たることがあるのではないでしょうか?

あなたもPMSかも?

3つ以上当てはまる方は要注意!

生理前になると・・・・

  • 彼氏に言いたくない愚痴を言ってしまったことがある
  • 無性にイライラしたことがある
  • 無性に甘いものを食べたくなってダイエットの失敗を繰り返したことがある
  • 混乱した気分、そう鬱気分になったことがある
  • 胸、お腹が張って痛みを感じたことがある
  • 朝起きれない、昼間眠くてしょうがないことがある
  • 手足がむくむことがある
  • 無性に泣きたくなる時がある
  • ボーっとすることがある
  • 肌荒れがひどくなることがある

ある統計データでは、女性の約80%の方がPMS(月経前症候群)で悩んでいるといわれています。何気なくただ体がだるいなと思っていることも、実はPMSが原因ということも多いようです。

「そういう体質だから」と思い聞かせて何もしていない女性が大半というデータもあります。PMSは大きく分けて「身体的症状」「精神的症状」に分けられており、明確な解決法がみつかっていないとも言われています。ただ、原因を探っていくと、少しでも軽減できることはあるようです。

ではどのようにすれば毎月のあの悩みから救われるのでしょうか。

そもそもPMS(月経前症候群)って何?

PMSとは・・・・

月経前症候群(げっけいぜんしょうこうぐん、英: PMS; Premenstrual Syndrome)は、数か月にわたって月経の周期に伴って、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、一連の身体的、および精神的症状を示す症候群(いろいろな症状の集まり)である。 月経前緊張症(げっけいぜんきんちょうしょう)とも。

引用:wikipedia

女性の体はとても繊細です。月経時に女性ホルモンのバランスが大きく変わることが原因で、気分だけではなく、痛みなど身体的な影響を与えることも少なくありません。人より症状が異なるので、PMSの症状は200種類を超えるとまでも言われています。

前項で上げた事例はほんの一部にすぎません!

1回の期間が14日とそれほど長くないので、放置する方が多いですが、よく考えると1年間の半分はPMSの症状で悩んでいる」ことになります。

PMSの原因とは・・・
女性は月経がはじまると、体内の女性ホルモンが増加します。その時の、主な女性ホルモンが【黄体ホルモン(プロゲステロン)】と【卵胞ホルモン(エストロゲン)】というものです。この【黄体ホルモン(プロゲステロン)】が月経前になると、体内で分泌量がふえてしまい、様々な症状が引き起こされてしまうのです。通常、【黄体ホルモン(プロゲステロン)】と【卵胞ホルモン(エストロゲン)】の分泌量が保たれているのですが、月経前になると黄体ホルモンだけが増えてしまい、卵胞ホルモンとのバランスが取れないようなのです。

PMSをデータから見てみる

なんと65%以上の人がPMSを知らない!という結果に!
ただ気づいていないという人も多いのではないでしょうか。まだ一般的に知られていないので、PMSの為に対処を行わず、苦しんでいる人は多いようですね。

精神的なものから身体的なものまで数多くあります。約200種類を超えるという説もあります。

日頃は気づかないけど、その症状、PMS(月経前症候群)かも?

 

なんと毎月70%以上の方がPMSを発症しているというデータがあります。毎月半分

60%の方が何もしないという回答です。
というよりは何をしたらいいかわからない。という人も多いのかもしれませんね。

でも、きっとできることは少なくないはず。いろいろな方法を試して、自分にあったものをみつけていくことも大切です。

PMS(月経前症候群)改善に大切なこと

このように既に多くの女性の間ではPMSが発症しており、その多くがどうすればよいか分からずに放置している状況です。次は、少しでもPMSを和らげるためにはどうすればよいか解説していきたいと思います。

PMSの症状緩和に必要なこと

  • 食生活の改善
    ビタミンB6、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、大豆イソフラボンを多くとるようにすることが良いとされています。逆に控えたほうが良いものは、過度な脂肪・糖分、塩分、カフェイン、酒、スナック菓子などです。
  • 適度な運動
    筋肉を動かすことで血流を全身にながすポンプの役目をします。激しすぎず、適度にウォーキングなどが最適です。ヨガやストレッチなど有酸素運動は全身に栄養や酸素が届くので、適しているといえます。
  • ストレスをためない
    なによりも大事なのが、ストレスをためないようにすること。ポジティブシンキングすることにより、PMSの症状が出にくくなるので、楽しい生活を送ることがとても重要です。好きな趣味の時間を増やしたり、買い物に行ったりするようにしましょう。決して家の中に閉じこもったりしない方が症状が軽減されます。

以上が生活で改善できる点ですが、やはりもっと手軽にできることがいいですよね。そういう方は「エクオール」「チェストベリー」という成分をとるようにしましょう!

■エクオールとは?

大豆イソフラボンから生成される成分で、女性ホルモンに似た成分です。女性ホルモンのバランスを整えてくれる作用があり、PMS改善にとても有効です。

大豆に含まれるイソフラボンが、腸内細菌によって変換されることによって作られます。大豆イソフラボンは摂取してそのままの形で働くのではなく、エクオールに変換されることで初めて女性らしさを育む働きを持つのです。

■チェストベリーとは?

中央アジアおよび地中海地方原産の灌木状の低木であるチェストツリー(イタリアニンジンボク)の実です。何千年も前から主に女性の月経症状(生理痛)の緩和のためや母乳分泌促進のために使われてきました。チェストベリーは、実はとっても歴史の古い植物で、薬用植物としても有名。ドイツでは治療薬として、チェストベリーに「効果がある」と認定されています。

チェストベリーは、ホルモンの中枢である脳の脳下垂体という視床下部近くに存在する多数のホルモン分泌に関わる器官に働きかけて、プロゲステロンの分泌を安定させ、正常化してくれる効果を持っています。その効果がホルモンバランスを整えることにつながりPMSの症状の緩和に繋がるというメカニズムです。チェストベリーの有効成分は、様々な臨床的な裏付けによって証明されており、確実な改善効果が期待できるとして医薬品として使用されるほど優れています。

 

この2つの成分を配合し、PMS改善の為に製造されたのが「LUNA PREMIUM - ルーナ プレミアム」です。きらきら期まったり期に分けてサポートしてくれる日本でも新しい手法で販売されています。

しかも今ならたったの初回880円でお試しができます。

90日間の全額返金保証もあって、初めてでも安心です!